FFIジャーナル®

「FFIジャーナル®(FOODS & FOOD INGREDIENTS JOURNAL OF JAPAN®)」は、FFIジャーナル編集委員会が発行する食品及び食品添加物の研究誌です。1992年の創刊以来、食に関する科学、技術、文化等について、産官学にまたがる様々な立場からの専門的な成果の発表、議論の場を提供することを目的としています。年4回の発刊を通して、食品や食品添加物に関する正しい理解と知識の普及啓発に努めています。
また、食品添加物の活用事例の紹介として三栄源エフ・エフ・アイ株式会社の研究技術資料「FFIレポート」を掲載しています。

FFIジャーナル® Vol.227 No.1 2022

FFIジャーナル® Vol.227 No.1 2022

本誌の内容はJ-STAGE上でご覧いただけます(FFIレポートを除く)。閲覧には購読者番号が必要です。購読者番号を希望される方は、FFIジャーナル編集委員会事務局までお問い合わせください。
※FFIレポートはこちら

巻頭言

特集「食品安全を支える微生物検査」によせて

木村 凡
●東京海洋大学学術研究院食品生産科学部門

食品安全を支える微生物検査

妥当性確認された微生物試験法の重要性と
HACCP制度化後の微生物検査の考え方
五十君 靜信
●東京農業大学応用生物科学部


食品微生物検査効率化に向けた簡易培地の活用例
小島 俊一
●日水製薬株式会社


食品微生物におけるリアルタイムPCRの新たな活用
川崎 晋
●国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門


食品産業でのMALDI-TOF MSの微生物検査への活用
中山 素一
●九州産業大学生命科学部


次世代シークエンサーや第3世代シークエンサーの食品微生物検査への応用
木村 凡
● 東京海洋大学学術研究院食品生産科学部門

総説

地域特産カンキツ類が含有する機能性物質の特徴
三宅 義明
● 愛知淑徳大学健康医療科学部


理化学検査分野における食の安全確保について―神戸市健康科学研究所の取り組み(過去20年間)
上田 泰人
● 神戸市健康科学研究所生活科学部


食のVR/ARによる新しい食体験の可能性
橋本 悠希
● 筑波大学システム情報系

原著論文

ハーブや食品添加物として利用されている植物の機能性評価
山田 直史
●就実大学大学院医療薬学研究科
山﨑 勤
●就実大学薬学部
中西 徹
●就実大学大学院医療薬学研究科
●就実大学薬学部

FFIレポート

  • 製パン分野へのアートフレッシュ® シリーズの活用 高力価の日持向上剤製剤「アートフレッシュ®シリーズ」の特徴と製パン分野への応用例を紹介しています。 資料の閲覧はこちら
  • クリーム香料の開発 植物油脂を使用したホイップクリームに生クリームと同等の風味を付与する方法を紹介しています。 資料の閲覧はこちら
  • 植物の色と風味を持つ食品素材 色調に特色ある植物から製造した各種食品素材の特徴や用途について紹介しています。 資料の閲覧はこちら
  • 高甘味度甘味料によるSDGsを意識した食品開発 食品開発する上で持続可能な社会を作るための課題を解決できる高甘味甘味料の使用事例を紹介しています。 資料の閲覧はこちら

掲載内容及びFFIジャーナル®に関する
お問い合わせは、FFIジャーナル編集委員会事務局まで↓
ffij@saneigenffi.co.jp

バックナンバー

pagetop