FFIジャーナル®

FFIジャーナル® Vol.219 No.3 2014

FFIジャーナル® Vol.219 No.3 2014

巻頭言

食と食品の本質

髙野 克己

●東京農業大学

食と美容

栄養と皮膚
大石 祐一
●東京農業大学応用生物科学部食品安全健康学科


コラーゲンペプチドの皮膚構成成分への影響
大原 浩樹
●株式会社 明治 研究本部 技術開発研究所
市川 聡美
●株式会社 明治 研究本部 食機能科学研究所


美肌食品―角層細胞間脂質とコラーゲンペプチド
前田 憲寿
●東京工科大学大学院バイオ情報メディア研究科

 

総説

食品における微生物制御のための予測モデルとデータベース
小関 成樹
●北海道大学大学院農学研究院


パネットーネと抗カビ性因子
石本 祐子、甲斐 達男
●西南女学院大学保健福祉学部栄養学科


食品の殺菌処理により生成する副生成物について
久保田 浩樹、佐藤 恭子、穐山 浩
●国立医薬品食品衛生研究所食品添加物部


水産物のにおいと異臭
宮崎 泰幸、小澤 秀夫、臼井 将勝
●独立行政法人水産大学校食品科学科


ベニバナの系統進化・多様性と山形のベニバナ「最上紅花」について
笹沼 恒男
●山形大学農学部


清酒中に含まれる配糖体の機能性と代謝
三嶋 智之
●岐阜医療科学大学保健科学部臨床検査学科
尾関 健二
●金沢工業大学バイオ・化学部応用バイオ学科

FFIレポート

  • 増粘多糖類のパーソナルケアへの応用
  • 産地別チョコレート香料の開発
  • ベニバナ色素について
  • カロテノイド結晶分散製剤の紹介
  • 高甘味度甘味料ソーマチンの基本特性と食品への応用

掲載内容及びFFIジャーナル®に関する
お問い合わせはこちら↓
ffij@saneigenffi.co.jp

バックナンバー

pagetop