食の安全のために

安全・安心な製品を届けるために
万全の対策を講じています。

安全・安心な製品を提供することは、お客様である食品メーカーや⽣活者との信頼構築にとって、必須条件であり、⾷品を扱う企業としての社会的責任です。
三栄源エフ・エフ・アイでは、「品質方針」に基づいて品質保証体制を確立し、万全の安全対策を講じています。社員一人ひとりがそれぞれの現場で安全・品質保証への取組みを徹底しています。

品質方針

  • 私たちは、お客様のご意見ご要望を迅速かつ着実に具現化し、安全で満足いただける製品、技術およびサービスをお届けします。
  • 私たちは、フードチェーンの一員であることを認識し、関連法令や社会倫理はもとより、食添GMPと国際的な基準であるISO、GFSI等に基づいた品質保証システムによって、求められる品質の確立に努めます。
  • 私たちは、高い感受性と広い視野でコミュニケーションを図り、誠実で適切な情報開示を通じて、お客様との信頼構築および食の健全化に寄与します。
  • 私たちは、品質方針を全社員に周知徹底するとともに、方針に基づいた目標を設定し、品質保証システムの適切性と信頼性向上のために継続的改善を推進します。

独自の品質保証システムSEG-QMS®

三栄源エフ・エフ・アイでは、独自の品質保証システム「SEG-QMS®(San-Ei Gen F.F.I., Inc.-Quality Management System)」を構築しています。これは、⾷品安全マネジメントシステムの⼀つである「FSSC 22000」と⾷品添加物の製造・品質管理に関する「⾷添GMP」に、品質マネジメントシステム「ISO 9001」の設計・開発プロセスの管理概念を補完的に融合させたシステムです。
このマネジメントシステムを運用しながらPDCAサイクルを回し続けることによってシステムの有効性を高め、顧客満足の向上につなげています。

独自の品質保証システムSEG-QMS®の概念図

独自の品質保証システムSEG-QMSの概念図
※1 ISO 9001の認証は取得していません。

品質保証体制

品質保証体制 品質保証体制
  • ※2 バリデーション:製造管理および品質管理の方法が、適切であるか運用開始/変更前に証明すること。

マネジメントシステム認証の取得

FSSC 22000

食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO 22000とISO/TS 22002-1、さらに追加要求事項を統合した食品関連製造業者のための承認規格です。食品流通業や食品製造業の大手グローバルカンパニーが中心となって設立した非営利団体「国際食品安全イニシアチブ(GFSI: Global Food Safety Initiative)」が承認する食品安全認証スキームの一つです。
FSSC 22000の骨格はISO 22000であるため、「HACCP原則」の導入が求められますが、ISO/TS 22002-1により、前提条件プログラム(PRP)の要求がさらに具体的、かつ厳しくなっています。

FSSC22000

認証取得事業所

本社・本社工場/111435-2012-FSMS-JPN-RvA(2012年3月~)
滋賀工場/111435CC1-2012-FSMS-JPN-RvA(2012年3月~)
岡山工場/111435CC2-2012-FSMS-JPN-RvA(2012年3月~)
東京支社
※本社及び東京支社の認証範囲は食品添加物(香料、甘味料、着色料、保存料、ゲル化剤、増粘剤、安定剤、乳化剤、調味料、酸化防止剤)及び、食品素材(野菜エキス)の研究開発及び製造

食添GMP

食品添加物業界における品質管理のさらなる高度化を目指して、日本食品添加物協会が定めた自主基準で「食品添加物の製造管理および品質管理に関する自主基準」の略称です。
食品添加物の製造、および品質管理の手順が「食添GMP」が求める基準を満たしている場合、第三者である日本食品添加物協会によって認定を受けることができます。
また、「食添GMP」の基準にHACCPの概念を取り入れた「HACCP導入型食添GMP」の認定も2016年4月より開始されています。

食添GMP

認証取得事業所

本社工場/No.JAFAGMP-002(2002年11月~)
滋賀工場/No.JAFAGMP-003(2002年11月~)
岡山工場/No.JAFAGMP-007(2002年11月~)

自然環境や労働・人権に配慮した安全な原材料の調達に努めています。

お客様に安全な製品を届けるためには、品質はもちろん、環境や人権にも配慮し、公正な取引や法令遵守を徹底していく必要があります。こうした取組みは、サプライチェーン全体で実施することが重要であると考えています。三栄源エフ・エフ・アイは「調達方針」を定め、CSR 調達についての基本的な考え方を表明するとともに、サプライヤーとその考え方を共有するため、「三栄源エフ・エフ・アイグループCSR 調達ガイドライン」を策定しています。

調達方針

  • 私たちは、自社の品質方針に準拠し、安全な原材料の調達を行います。
  • 私たちは、国内外の関連法令を遵守し、社会倫理に基づいた調達活動を行います。
  • 私たちは、お取引先に公平かつ公正な取引の機会を提供し、信頼関係を築き、相互の発展を目指します。
  • 私たちは、自然環境や労働・人権に配慮した調達活動を推進します。

サプライチェーンマネジメント

三栄源エフ・エフ・アイで製造する製品の原材料は「直接サプライヤー」、「間接サプライヤー」からなるサプライチェーンによって供給されます。
そのため、当社の取組みに加え、サプライヤーと協⼒をしながら、CSR調達を推進していくことが必要です。

サプライチェーンの例

サプライチェーンの例
pagetop