社会のために

法令を遵守し、
社会規範を尊重します。

三栄源エフ・エフ・アイは、法令や社会規範、社内規程を遵守するのみならず、これらの根底にある法及びその精神を尊重し、高い倫理観に基づいて行動することで、社会から信頼される企業であり続けたいと考えています。その実現のため、全社員が企業活動全般においてコンプライアンスを意識し、適切な判断と行動をとるための「コンプライアンス方針」を定めています。

コンプライアンス方針

  • 私たちは、すべての企業活動において、国内外の法令等を遵守し、社会倫理に従って行動します。
  • 私たちは、組織、ルールを整備して、コンプライアンス制度を確立し、社会情勢の変化に応じて継続的に改善し、さらなる向上に努めます。
  • 私たちは、関連法令に関する社内教育を定期的に行い、常に高い倫理感をもって、事業活動を推進します。

コンプライアンス・ハンドブックの発行

社員一人ひとりが、日頃からコンプライアンスに則った企業活動を行っていくためには、コンプライアンスの意識付けが不可欠であると考えています。三栄源エフ・エフ・アイでは、コンプライアンスの意味や取組むべきことを、事例などを通じて社員に伝えるための「コンプライアンス・ハンドブック」を発行し、これを派遣社員・パート社員を含めた全社員に配布しています。

コンプライアンス・ハンドブック

コンプライアンス・ヘルプラインの設置

内部通報制度「コンプライアンス・ヘルプライン」を設置し、不正行為などの早期発見と是正を図る仕組みを構築。社員は、社内のコンプライアンス・ヘルプライン事務局、または社外窓口である外部の弁護士に直接相談することができます。通報者の個人情報や相談内容の秘密を保持し、通報者を保護した上で、不正行為の早期発見と是正に努めています。

内部通報窓口フロー
内部通報窓口フロー

コンプライアンス教育の実施

派遣社員・パート社員を含めた全社員に対し、コンプライアンス教育を実施しています。ハラスメントや不正行為、情報管理など、社員に周知させたいテーマで研修を定期的に実施しています。また、研修を通して、コンプライアンス・ヘルプラインの認知向上を図るとともに、ハラスメントやコンプライアンスに関する相談を受けることで、社員の不安解消とコンプライアンス意識向上に努めています。

コンプライアンス研修
コンプライアンス研修

学術支援を通じて、食品・食品添加物に関わる
科学技術の進展、安全性の向上に貢献しています。

本業である食品添加物、食品素材の製造・販売やさまざまな活動を通じて社会の一員としての責任を果たしたいと考えています。
食品添加物メーカーとして、食品と食品添加物の安全性や有効性の向上に寄与することもその一つです。当社は、公益財団法人日本食品化学研究振興財団の支援を通じて、食品や食品添加物に関わる研究や調査を助成するとともに、一般の方々の食品添加物に対する理解の促進につながる情報発信を後押ししています。そのほか、食品や食品添加物に関係する学会の運営支援にも携わり、「食」に関わる科学技術の進歩、さらなる安全性の向上に貢献しています。

研究誌FFIジャーナル®の発⾏

食品・食品添加物研究誌「FFIジャーナル®」を発行しています。 詳細を見る

FFIジャーナル

職場体験・セミナーの開催

近隣中学校の職場体験を受け入れ

2019年11月、近隣中学校の2年生が当社で職場体験を行いました。3⽇間で、食品添加物を活用したさまざまな部門の仕事を模擬体験してもらいました。生徒の皆さまからは「食品添加物がいろいろな食品に使われていることを知り、大変勉強になった」「ゲル化剤を使うと自由に食感を変えられることに興味を持った」などの声が寄せられました。今後もこのような取組みを通じて、地域の皆さまとより良い関係を築いていきます。

食の安全安心こどもセミナーを実施

2019年8月、豊中市保健所にて小学5~6 年生を対象にセミナーを実施。2日間で、多くの児童と保護者が参加しました。「食品のふしぎを調べてみよう」をテーマに、着色料や香料などを使用した子どもたちが楽しめる実験を交え、講義しました。実施後のアンケートでは「また参加したい」との声が大多数を占め、保護者の方からも好評でした。今後もこのような活動を通じて食品添加物への理解促進に努めていきます。

pagetop