FFIジャーナル®

FFIジャーナル® Vol.226 No.2 2021

FFIジャーナル® Vol.226 No.2 2021

巻頭言

エマルション研究開発における新しいアプローチ
ー構造の形成、維持、崩壊の視点から

松村 康生
●京都大学大学院農学研究科

乳化研究における最新の動向―製造から摂取まで

Modification of Food Structures during Human Digestion Processes
(ヒトの消化過程における食品構造の変化)

Aiqian Ye, Harjinder Singh
●Riddet Institute, Massey University
Weilin Liu, Jianzhong Han
●School of Food and Biotechnology, Zhejiang Gongshang University


食品分野における微粒子乳化の最前線
石井 統也、松宮 健太郎、松村 康生
●京都大学大学院農学研究科


乳化系食品の嗜好性を制御する理化学的要因
松宮 健太郎、石井 統也、松村 康生
●京都大学大学院農学研究科


リパーゼの作用により内包物質の溶出をトリガーできる多相脂質
微粒子の創製
中川 究也
●京都大学大学院工学研究科


乳化性多糖類・ガティガムの特性と食品への応用
佐藤 良
●三栄源エフ・エフ・アイ株式会社

総説

ポリフェノールと女性の健康
石渡 尚子
●跡見学園女子大学マネジメント学部


ゲノム編集技術応用食品の安全性評価の考え方
中島 春紫
●明治大学農学部

食・文・化・論 アーティスト

牛肉における美味しさの判断基準とは何か
中山 智博
●株式会社Meattech


餡(アン)についてⅡ―日本の餡の食文化と科学
光永 俊郎
●近畿大学名誉教授

FFIレポート

  • ドリンクゼリー開発における多様な食感創出のための食品多糖類提案
  • トップからミドルに力強い香味発現をもつ乳化香料「パラタベース®
  • サンウェルネス®シリーズのご紹介
  • プラントベース食品のアプリケーションのご紹介

掲載内容及びFFIジャーナル®に関する
お問い合わせは、FFIジャーナル編集委員会事務局まで↓
ffij@saneigenffi.co.jp

バックナンバー

pagetop