FFIジャーナル®

FFIジャーナル® Vol.222 No.2 2017

FFIジャーナル® Vol.222 No.2 2017

巻頭言

「特集:食料資源としての水産タンパク質研究」によせて

佐伯 宏樹
●北海道大学大学院水産科学研究院

食料資源としての水産タンパク質研究

最近の魚類ミオシン変性研究の動向
今野 久仁彦
●北海道大学大学院水産科学研究院


細胞外マトリックスのタンパク質
水田 尚志
●福井県立大学海洋生物資源学部


魚介肉の鮮度維持と品質について
木村 郁夫
●鹿児島大学水産学部


魚肉タンパク質の変性制御と加工品の品質―塩干品の乾燥の進行と品質に及ぼす乾燥温度の影響
大泉 徹
●福井県立大学海洋生物資源学部


糖分子の導入による魚肉タンパク質の食品機能の改変
佐伯 宏樹
●北海道大学大学院水産科学研究院

総説

黄色タマネギ外皮に含まれる黄色色素の化学構造
伊藤 裕才
●共立女子大学家政学部食物栄養学科


ビフィズス菌の遺伝子操作技術の開発
鈴木 徹
●岐阜大学応用生物科学部

⾷・⽂・化・論 アーティスト

オオムギについて Ⅹ-歴史・文化・科学・利用
光永 俊郎
●近畿大学名誉教授

FFIレポート

  • 日持向上剤と水分活性調整
  • サンライク® エッグエンハンサー VN-43のご紹介
  • カロテン色素について
  • 食感を活かした飲料開発の提案

掲載内容及びFFIジャーナル®に関する
お問い合わせはこちら↓
ffij@saneigenffi.co.jp

バックナンバー

pagetop