FFIジャーナル®

FFIジャーナル® Vol.217 No.4 2012

FFIジャーナル® Vol.217 No.4 2012

巻頭言

創刊20周年にあたって

田中 慶一 
●FFIジャーナル®編集委員長、大阪大学名誉教授

創刊20周年に寄せて 食品及び食品添加物のこの10年-安心への取組みと展望

食品添加物公定書の課題と将来の展望
穐山 浩
●国立医薬品食品衛生研究所食品添加物部


食品安全は故事を超えて
一色 賢司
●北海道大学大学院水産科学研究院


雑感-社会周辺の動向
内山 壽紀
●株式会社コスモ コトブキ


食品中の残留農薬の残留基準の設定と今後の課題
大野 泰雄
●国立医薬品食品衛生研究所


遺伝子組換え食品および食品添加物の安全性評価のこの10年
小関 良宏
●東京農工大学大学院工学研究院


食品安全行政を振り返り
鬼武 一夫
●日本生活協同組合連合会 品質保証本部 安全政策推進室


食の安全と基準値
尾花 裕孝
●大阪府立公衆衛生研究所衛生化学部


バイオと新素材-微生物利用・発酵の研究から
春見 隆文
●日本大学生物資源科学部生命化学科


食品添加物と科学リテラシー教育-バランス感覚をもった学生を育てよう
神崎 浩
●岡山大学大学院環境生命科学研究科


食品ゲルの物性についての雑感
熊谷 仁
●共立女子大学家政学部食物栄養学科


食の安全を正しく理解するためにInformed Choiceに向けて
小泉 直子
●兵庫医科大学名誉教授


天然物の品質保証-シャタバリには、アスパラガミン類アルカロイドは含まれていないという事実から考えること
合田 幸広
●国立医薬品食品衛生研究所生薬部


食品および食品添加物の安全性に対する取組みの動向
小西 陽一
●奈良県立医科大学名誉教授、米国オクラホマ医学研究財団客員教授


食品添加物、サプリメント、漢方処方そして新しい天然薬物資源
小林 資正
●大阪大学大学院薬学研究科


二十世紀日本食品添加物史の出版のことなど
齊藤 勲
●公益財団法人日本食品化学研究振興財団


植物バイオに使われるゲル-Gelrite®の有用性
下村 講一郎
●東洋大学大学院生命科学研究科


次世代を担う若者への期待
關谷 次郎
●京都学園大学バイオ環境学部


食品の安全と安心の狭間
髙谷 幸
●社団法人日本食品衛生協会


食品照射の夜明けは未だなのか
多田 幹郎
●中国学園大学大学院


金属四方山話
中澤 裕之
●星薬科大学薬品分析化学教室


食品における安全性評価研究の最近の動向
西川 秋佳
●国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センター


日本食品添加物協会の活動内容
西川 秀美
●日本食品添加物協会


食品添加物はなぜ嫌われるようになったのか
西島 基弘
●実践女子大学名誉教授


食品産業とハイドロコロイド
西成 勝好
●大阪市立大学大学院生活科学研究科


超高齢社会における食品研究
林 清
●独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所


安全性評価と仮説の設定
林 裕造
●公益財団法人実験動物中央研究所


Butylated hydroxyanisole(BHA)によるラット前胃発がん性研究
-その顛末記と知見より得られた教訓
福島 昭治
●中央労働災害防止協会日本バイオアッセイ研究センター


この20年間、色々なことがあった
藤井 正美


食の情報と安心
伏木 亨
●京都大学大学院農学研究科


食品添加物と農薬等-2つのポジティブリスト制度への対応を回顧して
米谷 民雄
●静岡県立大学食品栄養科学部


食における『理系と文系論議』の意味するもの
-学際、国際、業際にわたる研究と教育そしてコミュニケーション
松延 洋平
●コーネル大学評議員


機能性食品と食養生-生薬学の立場から
水上 元
●名古屋市立大学大学院薬学研究科


薬学教育と食品添加物-最近10年の薬剤師国家試験からみた食品添加物
山﨑 裕康
●神戸学院大学薬学部


既存添加物ならびに天然香料基原物質の安全性評価のための基礎的調査研究
義平 邦利
●東亜大学客員教授

FFIレポート

  • キサンタンガムの特性と応用
  • テクスチャーデザインによる
    おいしい食開発
  • 生菓子類の保存技術
  • ジャスミン茶について
  • 彩食甘味®スクラロースの
    デザート分野への応用

掲載内容及びFFIジャーナル®に関する
お問い合わせはこちら↓
ffij@saneigenffi.co.jp

バックナンバー

pagetop