FFIジャーナル®

「FFIジャーナル®(FOODS & FOOD INGREDIENTS JOURNAL OF JAPAN®)」は、FFIジャーナル編集委員会が発行する食品及び食品添加物の研究誌です。1992年の創刊以来、食に関する科学、技術、文化等について、産官学にまたがる様々な立場からの専門的な成果の発表、議論の場を提供することを目的としています。年4回の発刊を通して、食品や食品添加物に関する正しい理解と知識の普及啓発に努めています。
また、食品添加物の活用事例の紹介として三栄源エフ・エフ・アイ株式会社の研究技術資料「FFIレポート」を掲載しています。

FFIジャーナル® Vol.223 No.1 2018

FFIジャーナル® Vol.223 No.1 2018

巻頭言

「特集:食品安全に係るリスクアナリシスの現況と課題」によせて

今井田 克己
●香川大学医学部腫瘍病理学

食品安全に係るリスクアナリシスの現況と課題

FAO/WHO合同食品添加物専門家委員会における食品添加物規格
河村 葉子、多田 敦子
●国立医薬品食品衛生研究所食品添加物部


食品中に含まれる化学物質のリスクアセスメントと遺伝毒性評価
本間 正充
●国立医薬品食品衛生研究所変異遺伝部


コーデックス食品添加物部会とFAO/WHO合同食品添加物専門家委員会
脊黒 勝也
●一般社団法人日本食品添加物協会


国際がん研究機関(IARC)におけるハザード分析
小川 久美子
●国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センター病理部


食品安全を確保するためのリスクコミュニケーション
畝山 智香子
●国立医薬品食品衛生研究所安全情報部

総説

舌先で受けとった味の情報と実際の感覚との比較
日下部 裕子
●国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門

食・文・化・論 アーティスト

フィールド調査からみたアジアの発酵米麺(2)-機能性を残す新しい発酵米麺の提案
長野 宏子
●岐阜大学名誉教授
加藤 みゆき
●香川大学名誉教授


オオムギについて ⅩⅠ-歴史・文化・科学・利用
光永 俊郎
●近畿大学名誉教授

 

FFIレポート

  • ラカンカ抽出物を使用した
    甘味料製剤サンナチュレ® シリーズの飲料への応用
  • 明色化クチナシ赤色素
    「アートレッド® BR」のご紹介
  • 食品の風味と日持ちを両立できる保存料・日持向上剤の利用
  • チーズの香り

掲載内容及びFFIジャーナル®に関する
お問い合わせは、FFIジャーナル編集委員会事務局まで↓
ffij@saneigenffi.co.jp

バックナンバー

pagetop