FFIジャーナル®

FFIジャーナル® Vol.223 No.1 2018

FFIジャーナル® Vol.223 No.1 2018

巻頭言

「特集:食品安全に係るリスクアナリシスの現況と課題」によせて

今井田 克己
●香川大学医学部腫瘍病理学

食品安全に係るリスクアナリシスの現況と課題

FAO/WHO合同食品添加物専門家委員会における食品添加物規格
河村 葉子、多田 敦子
●国立医薬品食品衛生研究所食品添加物部


食品中に含まれる化学物質のリスクアセスメントと遺伝毒性評価
本間 正充
●国立医薬品食品衛生研究所変異遺伝部


コーデックス食品添加物部会とFAO/WHO合同食品添加物専門家委員会
脊黒 勝也
●一般社団法人日本食品添加物協会


国際がん研究機関(IARC)におけるハザード分析
小川 久美子
●国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センター病理部


食品安全を確保するためのリスクコミュニケーション
畝山 智香子
●国立医薬品食品衛生研究所安全情報部

総説

舌先で受けとった味の情報と実際の感覚との比較
日下部 裕子
●国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門

食・文・化・論 アーティスト

フィールド調査からみたアジアの発酵米麺(2)-機能性を残す新しい発酵米麺の提案
長野 宏子
●岐阜大学名誉教授
加藤 みゆき
●香川大学名誉教授


オオムギについて ⅩⅠ-歴史・文化・科学・利用
光永 俊郎
●近畿大学名誉教授

 

FFIレポート

  • ラカンカ抽出物を使用した
    甘味料製剤サンナチュレ® シリーズの飲料への応用
  • 明色化クチナシ赤色素
    「アートレッド® BR」のご紹介
  • 食品の風味と日持ちを両立できる保存料・日持向上剤の利用
  • チーズの香り

掲載内容及びFFIジャーナル®に関する
お問い合わせはこちら↓
ffij@saneigenffi.co.jp

バックナンバー

pagetop