FFIジャーナル®

「FFIジャーナル®(FOODS & FOOD INGREDIENTS JOURNAL OF JAPAN®)」は、FFIジャーナル編集委員会が発行する食品及び食品添加物の研究誌です。1992年の創刊以来、食に関する科学、技術、文化等について、産官学にまたがる様々な立場からの専門的な成果の発表、議論の場を提供することを目的としています。年4回の発刊を通して、食品や食品添加物に関する正しい理解と知識の普及啓発に努めています。
また、食品添加物の活用事例の紹介として三栄源エフ・エフ・アイ株式会社の研究技術資料「FFIレポート」を掲載しています。

FFIジャーナル® Vol.221 No.2 2016

FFIジャーナル® Vol.221 No.2 2016

巻頭言

薬事制度における規制とイノベーション

橋田 充

●京都大学大学院薬学研究科

植物資源の機能性開発

特集「植物資源の機能性開発」に寄せて
正山 征洋

●長崎国際大学薬学部


グレリン分泌抑制成分探索のための細胞評価系の構築と成分探索

仮屋薗 博子、大磯 茂、中島 健輔

●長崎国際大学大学院薬学研究科・薬学部


がんの進展に関わる細胞シグナルを標的とした天然物の探索

石橋 正己

●千葉大学大学院薬学研究院活性構造化学研究室


抗肥満活性を持つ天然物の探索と機能解析

松田 久司、吉川 雅之

●京都薬科大学生薬学分野


霊芝の多機能性薬理効果に関する近年の科学的検証

清水 邦義、朱 欽昌、吉村 友里、海渕 覚、桑原 李佳

●九州大学農学研究院環境農学部門
大貫 宏一郞

●近畿大学産業理工学部


サフランの多機能性薬理活性

正山 征洋

●長崎国際大学薬学部

総説

水産物による食物アレルギーとアレルゲン交差性
佐伯 宏樹

●北海道大学大学院水産科学研究院

⾷・⽂・化・論 アーティスト

衣・食・住にまつわるベーシックデザイン&カラー
熊野 加代子

●アートディレクター


ドングリの食文化XVI -ドングリの食品栄養科学
光永 俊郎

●近畿大学名誉教授

FFIレポート

  • 食品ロス削減に有効な保存料・日持向上剤
  • 乳感増強素材
  • パプリカ色素製剤のご紹介
  • 医薬品開発に役立つ高甘味度甘味料スクラロース・タウマチン
  • 餅食感カップデザートの開発
  • 食品開発の可能性を広げる新規多糖類
    『ウェランガム』

掲載内容及びFFIジャーナル®に関する
お問い合わせは、FFIジャーナル編集委員会事務局まで↓
ffij@saneigenffi.co.jp

バックナンバー

pagetop