FFIジャーナル®

「FFIジャーナル®(FOODS & FOOD INGREDIENTS JOURNAL OF JAPAN®)」は、FFIジャーナル編集委員会が発行する食品及び食品添加物の研究誌です。1992年の創刊以来、食に関する科学、技術、文化等について、産官学にまたがる様々な立場からの専門的な成果の発表、議論の場を提供することを目的としています。年4回の発刊を通して、食品や食品添加物に関する正しい理解と知識の普及啓発に努めています。
また、食品添加物の活用事例の紹介として三栄源エフ・エフ・アイ株式会社の研究技術資料「FFIレポート」を掲載しています。

FFIジャーナル® Vol.226 No.4 2021

FFIジャーナル® Vol.226 No.4 2021

本誌の内容はJ-STAGE上でご覧いただけます(FFIレポートを除く)。閲覧には購読者番号が必要です。購読者番号を希望される方は、FFIジャーナル編集委員会事務局までお問い合わせください。
※FFIレポートはこちら

巻頭言

特集「薬食同源― 健康自己管理時代の食を考える」によせて

伊藤 美千穂
●京都大学大学院薬学研究科

薬食同源―健康自己管理時代の食を考える

食養生について
小林 義典
●北里大学薬学部


日本人の食事の歴史的変遷
松島 成介
●株式会社栃本天海堂事業推進部


最近の健康食品に関する規制について
―食薬区分、指定成分等含有食品など
内山 奈穂子
●国立医薬品食品衛生研究所生薬部


花を食べる―食用素材として花部が利用される植物に含まれる
機能性成分の探索
森川 敏生
●近畿大学薬学総合研究所


養命薬の代表、朝鮮人参
―絶滅危惧種オタネニンジンの栽培化の歴史と利用、そして日本の現状
柴田 敏郎
●元国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所
 薬用植物資源研究センター北海道研究部

総説

オミクス科学を活用した作物の分子育種に向けて
峠 隆之
●奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科

食・文・化・論 アーティスト

東福寺方丈斎苑(四ツ頭)
―700年のレシピにみる「生姜」と「栗」の利用
石井 智恵美
●文教大学教育学部


餡(アン) についてⅢ―和菓子と餡の食文化
光永 俊郎
●近畿大学名誉教授

FFIレポート

  • 植物性素材を用いた飲料開発 植物性素材を用いた飲料における課題であるたん白の安定性向上及び沈殿防止の方法を紹介しています。 資料の閲覧はこちら
  • トマトコンクパウダー50Rのご紹介 完熟したトマトからパルプ分を除去し、粉末化した食品素材「トマトコンクパウダー 50R」について紹介しています。 資料の閲覧はこちら
  • 赤色に着色可能なパプリカ色素製剤のご紹介 ​当社独自の乳化技術により、これまでなかった明るく赤い色調を表現できる乳化色素製剤「パプリカベースNO.36840」を紹介しています。 資料の閲覧はこちら
  • 酸化防止剤製剤 サンメリン®シリーズ食品ロス削減に向けての
    取り組み
    食品への風味に影響の少ない酸化防止剤であるサンメリン®シリーズの酸化防止のメカニズム及び品質劣化の抑制効果を紹介しています。 資料の閲覧はこちら

掲載内容及びFFIジャーナル®に関する
お問い合わせは、FFIジャーナル編集委員会事務局まで↓
ffij@saneigenffi.co.jp

バックナンバー

pagetop