ニュース一覧

お知らせ

マルチステークホルダー方針を制定しました。

「マルチステークホルダー方針」


三栄源エフ・エフ・アイは、安全・安心な食品添加物を通じて、すべてのひとに健やかなくらしと食の歓びを届けることを企業理念に掲げており、この理念を実践していくための行動原則である「三栄源エフ・エフ・アイグループ行動憲章」に従い、企業行動のあらゆる場面においてすべての法令を守るとともに、社会的良識を持って行動します。
企業経営において、株主にとどまらず、従業員、取引先、顧客、債権者、地域社会をはじめとする多様なステークホルダーとの価値協創が重要となっていることを踏まえ、マルチステークホルダーとの適切な協働に取り組んでまいります。その上で、価値協創や生産性向上によって生み出された収益・成果について、マルチステークホルダーへの適切な分配を行うことが、経済の持続的発展につながるという観点から、従業員への還元や取引先への配慮が重要であり、以下の取り組みを進めてまいります。

 

1.従業員への還元

当社は「三栄源エフ・エフ・アイグループ行動憲章」に基づき、品質、環境、人材、調達、コンプライアンスの領域においてそれぞれ方針を定めています。人材方針では、仕事を通じて社会からの信頼を築き、食の歓びを創造する人材を育成すると定め、従業員の個々の能力や専門性を高める人材育成制度を整備しています。従業員の能力開発やスキル向上等を通じて、持続的な成長と生産性向上に取り組み、付加価値の最大化に注力します。その上で、生み出した収益・成果に基づいて、自社の状況を踏まえた適切な方法による賃金の引上げを行うとともに、総合的な処遇改善としても、従業員のエンゲージメント向上や更なる生産性の向上に資するよう、教育訓練等を中心に積極的に取り組むことを通じて、従業員への持続的な還元を目指します。
(個別項目)
具体的には、賃金の引上げについては、当社を取り巻く経済環境や当社の経営状況等を勘案しつつ労使間の真摯な対話に取り組みます。教育訓練等については、引き続き教育・研修制度の充実をはかるとともに、多様な働き方にも適応した基盤づくりを進め、一人ひとりの従業員の成長と生きがいを実感できる職場環境を整備してまいります。

 

2.取引先への配慮

当社はパートナーシップ構築宣言の内容遵守に、引き続き、取り組んでまいります。
なお、パートナーシップ構築宣言の掲載が取りやめとなった場合、マルチステークホルダー方針の公表を自主的に取り下げます。
・パートナーシップ構築宣言のURL
https://www.biz-partnership.jp/declaration/60148-05-08-osaka.pdf
これらの項目について、取組状況の確認を行いつつ、着実な取り組みを進めてまいります。


2024年5月10日
三栄源エフ・エフ・アイ株式会社 代表取締役社長 清水 康弘

pagetop