RECRUITMENT

ENTRY

RECRUITMENT

ENTRY

さらにお客様に貢献できるよう多様な経験を培っていきたい

さらにお客様に
貢献できるよう
多様な経験を培っていきたい

研究部門
Y.S. 
工芸科学科 応用生物学専攻 
2016年入社 
第五事業部 スイートナー研究室

プロフィール

甘味料の研究のほか、製品の製造や拡販のサポートも担当。休日は会社の仲間と出かけることが多く、キャンプや登山、冬にはスノーボードなど季節ごとに多彩なアウトドアを楽しんでいる。

若手でも、
重要プロジェクトに
参加できる会社

目的を達成するための「試行錯誤」は面白い。大学院で生物学の研究を行っていたときからそう感じていました。就職活動では、そうした試行錯誤の結果を形にできる、メーカーの研究職に就きたいと考えていました。

メーカーといっても多種多様な業界があります。どの業界を選ぶべきなのか、最初はなかなか決められませんでした。ですが“どこで”ではなく、“何を”やりたいのかを考えることで企業を絞り込むことができました。選択の軸に置いたのは、「若手のうちから力を発揮できる、裁量をもてる会社」です。最終的に三栄源エフ・エフ・アイを選んだ理由もそこにありました。

入社後、その期待が裏切られることはありませんでした。当社の研究開発部門は部署の中で少人数のグループに細分化されており、若手でも大きなプロジェクトに参加することができます。日々の研究もかなりの自由度をもって任されていると感じています。

若手でも、重要プロジェクトに参加できる会社

柔軟な発想力で
お客様の課題を解決する

私が所属するスイートナー研究室では甘味料について研究しています。といっても毎日研究室に閉じこもっているわけではなく、営業部門や製造部門など社内の他の部門と連携して動く業務もたくさんあります。特に営業部門とは、一緒に飲料メーカーなどを訪問し、研究部門の視点から当社製品をPRすることもしばしばあります。

お客様の課題を解決する提案を行うには、製品に関する深い知識はもちろん、既成概念にとらわれない柔軟な発想が不可欠です。たとえば個々の素材については、既知のメリットだけでなく違う角度から新しいメリットを考えたり、素材同士の組み合わせで新たに生じるメリットについて模索してみることも重要です。

限られた条件のもとで考え出した素材の新しいメリットがお客様の課題を解決し、採用につながった時の達成感は格別です。自分が試行錯誤して生み出した製品が世に出回る嬉しさを味わえるのは、三栄源エフ・エフ・アイで働く醍醐味です。

柔軟な発想力でお客様の課題を解決する

受け身ではなく
より積極的な提案を

初めてお客様に採用してもらった時のことは、今も強く印象に残っています。入社2年目のとき、飲料メーカーであるお客様の「微糖コーヒーを開発したい」という要望に応える提案を任されましたが、最初は製品の良さを理解してもらえませんでした。そこで、甘味料の甘さを付与する効果だけでなく、乳の風味も高めるという効果を利用して提案を考えました。要望に対応するだけの受け身な提案ではなく、お客様がまだ気づいていない課題を見つけ、その解決に当社の製品が役立つことを訴求するという、より積極的な提案です。結果的にこれがお客様に認められ、採用していただくことができました。

この経験を通して、私は自発的に行動することの重要性を深く認識しました。そして、さまざまな経験を積むことで視野を広げていきたいと思いました。将来的には、甘味料以外の分野の研究にも携わり、食品添加物に関する網羅的な知識と技術を身につけることで、より多くのお客様の課題解決に貢献していきたいと考えています。

受け身ではなくより積極的な提案を
pagetop