RECRUITMENT

ENTRY

RECRUITMENT

ENTRY

センスを磨き、お客様から「信頼される人」でありたい

センスを磨き、お客様から
「信頼される人」でありたい

研究部門
S.Y. 
水産学部 水産学科 
2013年入社 
第一事業部 ハイドロコロイド研究室

プロフィール

ゲル化剤の開発と拡販のサポートを担当。趣味はライブに行くこと。さまざまなアーティストのライブに参加しその世界観に浸ることでリフレッシュする。

食べ物をもっと
おいしくする方法を
創造する仕事

幼少期からものづくりが好きだった私は、大学で研究することの面白さを知り、研究開発の仕事に就きたいと思うようになりました。もともと料理が好きで食品に興味があったことに加え、学部卒でも研究開発職に就けることや、ハキハキ振る舞う社員から明るい雰囲気を感じたことから、三栄源エフ・エフ・アイへの入社を決めました。

当社における研究開発の魅力は、自由な発想、さまざまなコンセプトで食品を開発できることです。食品メーカーのような食品を製造していない当社には開発コンセプトに制限がなく、分野も限定されないので、思いついたアイデアをそのまま形にすることができます。

また、当社では食品をよりおいしくするために他の研究室と共同し、食感や香り、色、機能性素材など、多方面から開発に取組むことも多々あり、これは食品添加物の総合メーカーであるからこその強みだと思います。

食べ物をもっとおいしくする方法を創造する仕事

センスを磨くために、
何事も「自分でやってみる」

私が所属するハイドロコロイド研究室の使命は、お客様が求める食感や物性を実現することです。たとえば飲料中におけるココアパウダーの分散です。ココアパウダーは水に溶けないため、静置すると沈殿してしまいますが、食品多糖類を活用することで分散させることができます。飲む人にとっては均一に飲みやすく、つくる人にとってはより安定したものづくりに役立っており、食べる人、つくる人など、さまざまな視点から食品をより良くする研究を行っています。

私は主に食品多糖類を活用した食感の調整や、物性を改良する技術を開発しています。食品多糖類はたん白や食塩、酸味の有無など、食品に含まれるさまざまな栄養成分によって得られる効果が変わるため、過去のデータを参照するだけでは改良目標が達成できないケースも多くあり、こうした壁を打ち破るにはある種の「センス」が求められます。そして、このセンスを磨くには経験を積むことが大切だと考えており、私はとにかく「自分でやってみる」ことを心がけています。過去の研究データを覚え込むだけでなく、自分でも経験することで、知識がより記憶に残り、思い出しやすくなります。そうした自主的な研究をさせてくれる環境があることも当社の魅力の一つです。

センスを磨くために、何事も「自分でやってみる」

大事なのは、
生活者が求めるものを
見失わないこと

食品そのものに興味を持ち、生活者の気持ちになることも重要です。開発者として知識や経験が増えるほど、ものづくりへのこだわりは強くなります。一方で、生活者の気持ちから乖離してしまう危険もでてきます。既存の食品や新しい商品に興味を持ち続け「生活者が本当に求めているもの」を見失わないことが、食品の開発では重要だと考えています。

これからもお客様と生活者、双方の気持ちに沿った食品開発のセンスを磨き続け、お客様から「信頼される人」になりたいです。

大事なのは、生活者が求めるものを見失わないこと
pagetop