三栄源エフ・エフ・アイ株式会社主催機能性食品素材シンポジウム2006日時 : 2006年2月21日(火) 10:00~16:00会場 : ホテルオークラ 別館B2F アスコットホール〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-4TEL 03-3582-0111

ニュースリリース

2006.02

食の欧米化による成人病の増加とその低年齢化及び高齢社会の到来により、健康について医学的な面からのみでなく、食品の生理機能(健康増進機能)の面からの健康維持・病気予防が求められており、生命調節機能・健康増進機能の三次機能を持った食品の開発といった新しい進展が期待されています。本シンポジウムでは最近注目を集めている各種の機能性食品素材についてご紹介させて頂きますとともに、今後の課題についても展望いたします。食品開発に携わる研究・技術者をはじめ、食品業界関係者の多数のご参加をお待ちしています。

プログラム
10:00-10:10 開会挨拶:三栄源エフ・エフ・アイ株式会社
10:10-11:10 「食品成分を用いた新規癌予防法の開発」
酒井 敏行 先生 (京都府立医科大学大学院医学研究科予防医学教室教授)
11:10-12:10 「酵素処理イソクエルシトリンの抗動脈硬化作用」
小山 英則 先生 (大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科講師)
12:10-13:00 昼食
13:00-14:00 「米国における植物ステロールの市場と展開(仮題)」
Mr. Hank Wong (Cargill Health & Food Technologies)
14:00-15:00 「いま話題のコエンザイムQ10の魅力」
山本 順寛 先生 (東京工科大学バイオニクス学部長、日本コエンザイムQ協会理事長)
15:00-16:00 「アスタキサンチンの臨床応用」
吉川 敏一 先生 (京都府立医科大学大学院医学研究科生体機能制御学教室教授、
アスタキサンチン研究会会長)

参加費:無料(事前登録制) 当日に参加を申し込まれる場合は、会場の都合上、お断りすることがございます。 あらかじめご了承下さい。 問い合わせ先:三栄源エフ・エフ・アイ株式会社 新規開発部 森山 茂 (smoriyama@saneigenffi.co.jp) 〒561-8588 大阪府豊中市三和町1丁目1-11 TEL 06-6333-0521 FAX 06-6333-0901

お知らせ一覧へ