スイートナー研究室

部門紹介

甘味成分の多様な機能を生かし
「総合甘味料事業部」として、あらゆる甘味料の可能性を追求する。

「甘味料」は、甘い食品だけでなく塩味系食品や辛い食品を含め、あらゆる食品に使用されています。甘味を発現する物質は、砂糖(ショ糖)をはじめとした糖類がよく知られていますが、それ以外にもキシリトールやソルビトールのような糖アルコール、スクラロースやラカンカ抽出物、アドバンテームのような、砂糖の数百倍から数万倍の甘味度をもつ「高甘味度甘味料」などがあります。
スイートナー研究室では、スクラロースやラカンカ抽出物、ステビア抽出物、アドバンテームといった高甘味度甘味料を中心に、用途や目的に応じたさまざまな研究・開発を行っています。

スクラロースは砂糖から生まれたノンカロリー甘味料です。砂糖の約600倍の甘味を持ち、水に溶けやすく、安定性に優れているため、様々な食品にご利用いただくことができます。世界80カ国以上の国や地域でその美味しさが認められています。
ラカンカ抽出物はウリ科のフルーツ、“羅漢果(ラカンカ)”から得られる植物由来の甘味料です。スイートナー研究室では、苦味や雑味が少なく砂糖に似た強いコクを有するラカンカ製剤、「サンナチュレ®」を開発し、より自然な甘味の提案を可能としています。
アドバンテームは砂糖の約30,000倍の強い甘味を持つ甘味料です。甘味が後まで持続する特徴を活かし、食品に甘味を付与するほかにも、苦味など口に残りやすい不快味を抑制する“マスキング効果”や香りを高める“エンハンス効果”を持っています。機能性食品や減塩食品など、幅広い食品の開発にお役立ていただけます。

幅広い甘味料の研究開発と当社が保有する豊富な知見を活用し、さまざまな食品素材を組み合わせ、よりおいしい食品の開発に貢献していきます。

  • スイートナー研究室羅漢果の果実
  • スイートナー研究室
  • スイートナー研究室

関連製品

甘味料

食品に甘味を付与する目的で使用されるのが甘味料です。「甘味」という味覚は、"満足感を与える""不安感を和らげる"など、精神面でも好ましい効果を与えることができます。甘味料には、甘味を付与するだけでなく、風味の増強効果や不快な味を抑制する効果もあります。用途に応じ、お使いいただきやすいような製剤をご用意しております。