2007年 11月7日「 健康食品新聞」「健康産業新聞」 11月8日 「食品化学新聞」
「酵素処理イソクエルシトリン(EMIQ)」による花粉症緩和作用

ニュースリリース

2007.11

スギ花粉症の成人男女を対象とした試験の結果、酵素処理イソクエルシトリン(EMIQ)の摂取により花粉症の症状が緩和されることが、11月1~3日に横浜で開かれた第57回日本アレルギー学会秋季学術大会にて、大阪大学医学部附属病院・アレルギー内科 田中敏郎准教授により発表されました(演題「フラボノイドのスギ花粉症に対する有効性の検証」)。上記各紙において、発表の詳細内容について紹介されています。弊社では今後も、大阪大学と共同でEMIQの抗花粉症効果について検証を進めていきます。 EMIQは近年、動脈硬化抑制作用や高血圧症の予防効果を有することが学会や論文で発表されており、各種生活習慣病等に対する予防効果が期待されている素材です。

お知らせ一覧へ