食品安全

安全・安心な製品を届けるために
万全の対策を構築しています。

安全・安心な製品を提供することは、お客様である食品メーカーや消費者との信頼構築にとって、無くてはならない必須条件です。そして何より食品を扱う企業として欠かすことのできない社会的責任です。
三栄源エフ・エフ・アイでは、「品質方針」に基づいて品質保証体制を確立し、万全の安全対策を講じています。従業員一人ひとりがそれぞれの現場で安全・品質保証への取り組みを徹底しています。

品質方針

品質方針

  1. 1.私たちはお客様のご意見ご要望を迅速かつ着実に具現化し、安全で満足いただける製品、技術及びサービスをお届けします。
  2. 2.私たちはフードチェーンの一員であることを認識し、関連法令や社会倫理はもとより、食添GMPと国際的な基準であるISO、GFSI等に基づいた品質保証システムによって、求められる品質の確立に努めます。
  3. 3.私たちは高い感受性と広い視野でコミュニケーションを図り、誠実で適切な情報開示を通じて、お客様との信頼構築及び食の健全化に寄与します。
  4. 4.私たちは品質方針を全社員に周知徹底するとともに、方針に基づいた目標を設定し、品質保証システムの適切性と信頼性向上のために継続的改善を推進します。

独自の品質保証システムSEG-QMS

三栄源エフ・エフ・アイでは、独自の品質保証システム「SEG-QMS(セグ-キューエムエス:San-EGen F.F.I., Inc.-Quality Management System)」を構築しています。これは、食品の安全に関わるマネジメントシステム「FSSC22000」、および業界の基準である「食添GMP」を中核に、品質マネジメントシステム「ISO9001」の設計・開発の仕組みを補完的に融合し、原料の仕入れから製造、販売まですべての段階で安全と品質を保証するシステムです。
このマネジメントシステムを運用しながらPDCAサイクルを回し続けることによってシステムの有効性を高め、顧客満足の向上につなげています。

SEG-QMS

マネジメントシステム認証の取得

食添GMP

「食添GMP」とは、食品添加物業界における品質管理のさらなる高度化を目指して、日本食品添加物協会が定めた自主基準で「食品添加物の製造管理及び品質管理に関する自主基準」の略称です。
食品添加物の製造、および品質管理の手順が「食添GMP」が求める基準を満たしている場合、第3者である日本食品添加物協会によって認定を受けることができます。
食添GMP

認証取得事業所・認証

本社工場/No.JAFAGMP-002(2002年11月~)
滋賀工場・日野工場/No.JAFAGMP-003(2002年11月~)
岡山工場/No.JAFAGMP-007(2002年11月~)

FSSC22000

食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO 22000とISO/TS 22002-1(PAS220)、さらに追加要求事項を統合した食品関連製造業者のための承認規格です。食品流通業や食品製造業の大手グローバルカンパニーが中心となって設立した非営利団体「国際食品安全イニシアチブ(GFSI: Global Food Safety Initiative)」が承認する食品安全認証スキームの一つです。
FSSC22000の骨格はISO22000であるため、「HACCP原則」の導入が求められますが、ISO/TS22002-1(PAS220)により、前提条件プログラム(PRP)の要求がさらに具体的、かつ厳しくなっています。
FSSC22000

認証取得事業所 ・認証

本社工場/111435-2012-FSMS-JPN-RvA(2012年3月~)
滋賀工場・日野工場/111435CC1-2012-FSMS-JPN-RvA(2012年3月~)
岡山工場/111435CC2-2012-FSMS-JPN-RvA(2012年3月~)
昆明工場/No.117854-2012-FSMS-RGC-RvA(2012年6月~)
FSSC22000

認証取得事業所 ・認証

上海工場/No.GB12/84989(2012年2月~)

品質を確保するための取り組み

●「SEG-QMS」を各現場で実践

「SEG-QMS」で設定した各種ルール・基準を従業員の行動に反映させ、一人ひとりが各々の現場で責任と自覚を持って安全・品質管理に取り組んでいます。

●品質検査

原料、中間品、研究試作品、そして完成した製品について厳密に検査し、品質を評価・確認しています。業界でも屈指の検査機器を整備し、多岐にわたる検査に対応。高度な検査機器に加え、訓練された検査員で万全の検査体制を整えています。

※詳細は、検査部門紹介ページ

●トレーサビリティーの確保

原料の調達から、製造、製品の流通にいたる各段階で記録を整備し、たどってきた過程と状況を追跡できる体制を整備しています。その過程に問題がないことを確認・検証することで、品質、安全、適正を確保しています。