先輩メッセージ お客様の要望に応え信頼を得た時の嬉しさは言葉にできません。営業部門 2004年入社 Cさん

初めて一人で営業し
受注した経験は忘れられません。

一度は食べたことのあるような有名な菓子や食品、飲料を作るのを支える仕事に興味を持ったのが、三栄源エフ・エフ・アイに入社するきっかけでした。
初めて一人で営業を担当した時のことは忘れられません。先輩に同行して飲料メーカーへの営業を始めて数か月、「やってみるか」と、先輩に背中を押され、あるお客様との商談を任されたのです。何度も足を運び、根気よくお客様の要望をうかがって、次シーズンに発売される新商品に使われる新しい香料を提案するチャンスをいただきました。お客様の希望にぴったり合った香味を実現するまで何度も試作を重ね、とうとう採用が決まった時は言葉に表せないほど嬉しかった。お客様の要望に応え、信頼されるやりがいを初めて実感しました。

営業部門 Cさん

研究開発、製造からも協力を得て
全員でお客様の信頼に応える気持ちが大切。

営業担当者一人の力でお客様の要望に応えることはできません。お客様から寄せられる難しい課題を解決する新製品を開発するのは、研究開発部門です。また急なオーダーが入った時は、製造部門に依頼し、生産計画を調整して製造を急いでもらわなければなりません。
開発や製造がスムーズに進むよう、必要な部門になるべく詳細な情報を迅速、正確に伝えることが、営業担当者の役割。社内の各部門の業務を采配し、全員を一つにまとめることで、より高い品質でお客様の要望に応えられます。自分一人の成果を求めるのではなく、「全員でお客様の信頼に応えよう」と考え、行動できるようになったところは、我ながら成長したなと思います。

営業部門 Cさん

デパ地下やスーパーで珍しい食品を探し
お客様への提案に生かしています。

当社では、他に類を見ない膨大な食品素材を扱っています。その強みを存分に生かすために、もっと幅広い知識と経験を蓄えたいと思い、異動を願い出ました。現在は、飲料だけでなく、菓子やデザート、食品などさまざまな食品を扱うお客様を担当しています。
当社製品についてだけでなく幅広い知識や情報を提供し、お客様の商品開発のお役に立つことも、営業担当の重要な役割です。時間ができるとデパートの食料品売り場やスーパーに足を運んでは珍しい食材やユニークな食品を探し、お客様への提案に生かしています。
まだ当社の製品をまだあまり使っていただいていない分野に切り込み、販路を広げるのが、今の目標です。

営業部門 Cさん

後輩へメッセージ

営業部門 Cさん

ふだんから新しい食品やユニークな食品を探したり、実際に食べてさまざまな味や香り、食感を知ることが、お客様への提案に役立ちます。
さまざまな食べ物に興味を持ち、おいしいものをたくさん食べてください。そうして得た経験と知識が、営業に不可欠な糧になります。