応用研究室

部門紹介

素材を熟知するから生み出せる
新しい市場をつくる革新的な食品。

2万アイテムにおよぶ食品素材を扱い、さまざまな食品に応じてそれらをコーディネートするノウハウを揃えていることが、三栄源エフ・エフ・アイの特長です。当社の食品素材は多様な用途で食品に使用されており、一つの食品に複数の素材が使われることも少なくありません。各研究室で開発しているさまざまな食品素材を組み合わせ、実際に食品を試作して素材を総合的に評価し、お客様に提案するのが、応用研究室です。飲料、製菓、デザート・冷菓、加工食品の4つのグループに分かれ、新しい食品づくりに挑んでいます。

お客様の依頼に応じ、食感や形態、香り、機能など多角的な視点で食品に新たな価値やおいしさをもたらすアイデアを探究。各素材の特性を熟知し、そのメリットを生かしながら食品としてトータルに組み合わせ、バランスを整えることで、完成度の高い食品を提案しています。お客様に完成品を提示し、香りや色、食感などを確かめていただくことで、食品の魅力はもとより、食品素材それぞれの良さを実感していただくことも少なくありません。縁の下の力持ちとしてお客様の新規食品開発を支えることが私たちの誇りです。

さらには市場調査やマーケティングをもとに、自ら新しい食品を考案し、アイデアや試作品をお客様に提案することもあります。
これからも世の中にない画期的な食品を生み出し、お客様の新商品開発に貢献していきます。

  • 応用研究室
  • 応用研究室
  • 応用研究室